タグ:ドール ( 3 ) タグの人気記事

ずいぶん長いことご無沙汰しておりましたが、
皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

お正月のご挨拶の後、ず~っと更新せずにいて、
気がついたら、今年もあと1か月半もありません。

去年のちょうど今頃は、個展を目指して創作に
没頭していました。

それから約1年が経ち、いろんなことがありました。

まず大きかったのは、姉と行った2月の台湾旅行。

Mrs.Taylor ・・・その眼光鋭いチャイナドレスの婦人は、
以前からたびたび私の心のなかに出てきてはいたのですが、
たしかに過去生の自分だったのだと、思いだしたのです。

c0362010_03563087.jpg

仕立て屋の女主人として、仕事と家庭を
両立させ、幸せも成功も手に入れたにも
かかわらず、亡くなる間際まで彼女が
抱えていたのは、一点の後悔でした。

私は女だから、ただそれだけの理由で、
本当になりたかった人形師の仕事には
就けなかった。

人形が好きで、お気に入りの人形を
部屋に飾り、死んだらお棺に一緒に
入れてほしいと言っていたくらい
大好きだったのに。

本当は、自分の手で作りたかったと悔やみながら、
亡くなっていったんだということを知り、彼女の分も、
私は人形を作っていくんだなと思い至った旅でした。

そう自覚しても尚、なかなか人形が作れずにいた頃に、
忘れらない出逢いと別れが訪れました。

不思議なほど過去生での体験がシンクロした、私より
ひと回り以上も年下の女の子・・・

彼女とは、亡くなる少し前にご縁がつながり、ごく短い
期間に、信じられないくらい濃い時間を共有しました。

その頃私は、これから自分が本当に目指している世界を
人形で表現していくためには、自分の醜い面や汚い面、
思い出したくもないような闇の部分を全部さらけだし、
人形にしてみることが必要だと感じていました。

今までタブーとしていた、グロテスクな人形を作ることが、
過去の自分への弔いになるんだと、姉や友人からも云われ、
そこを通らないと、先には進めないのだとわかっていながら、
なかなか手を動かすことができないでいました。

それがなぜなのか、彼女と会った瞬間にはっきりしたのです。

「ああ、私は今までレクイエムの人形は、自分のために
作るものだと思ってきたけれど、そうじゃなかったんだ。
レクイエムは、彼女にとっても必要なものだったんだ」と。
 
彼女は過去と訣別しようと、必死で自分と戦っていました。

私も同じように、過去生の自分を清算するために、
今まで以上に深く自分と向き合う時を迎えていました。

たとえどんなに汚い面があっても、だめな部分が
あったとしても、今のあなたが大好きだよ。

いいところも悪いところも全部、ありのままを
丸ごと抱きしめよう。

自分にそう言ってあげられる自分になれた時、
初めて目の前にいる人に対しても、同じように
抱きしめてあげることができるんだ。

それを頭ではなくハートで教えてくれたのが、
彼女でした。

彼女が旅立ったという知らせを受けた後、私の頭に
パン!とつよい光を放って、ひとつのイメージが
浮かび上がってきました。

それは、大きな白い羽根をつけた天使の女の子・・・

それまでは、過去の闇を弔う人形を作ろうとしていたのですが、
もう一体創ろう!と、その時心に決めました。

彼女のために、次に生まれ変わる世界では、何の心配もなく、
ただ自分らしく、思う存分羽ばたいていけるように。。。

その願いをこめて、私はその日から二つの人形を
同時進行で作り始めました。

そうして完成したのが、この二体です。

c0362010_00003887.jpgc0362010_23594671.jpg













    『 レクイエム #1』


底知れないほど深い、深い、空虚な穴・・・

本当は生まれた時から、気づいていた。

人を喰らっても、物を喰らっても、
決して満たされることはないだろう。

この手で腸(はらわた)を引きずり出そうが、
欲望も憎悪も殺意も絶望も自虐も哀しみも、
この身から消えてなくなることはないだろう。

いまに声が嗄れようと、涙が涸れようと、
この慟哭の衝動が尽きることはないだろう。

私が、私を弔うその日まで・・・


c0362010_00401067.jpgc0362010_00412265.jpg














『 I Can Fly~光射す方へ・・・』


私は飛べる 今度こそ

私は飛べる どこまでも

光射すあの空へ、そしてもっと
その先の、光あふれるあの場所へ・・・

私には、決して折れない翼がある

だから、いつだってまた会えるよ

さあ、いまこそ笑顔で旅立とう・・・



Mちゃん、ありがとう。

あなたのおかげで、新たな道を歩きだすことができました。

私はあなたのことを、ずっとずっと忘れないよ。。。




[PR]
by tete_de_lapin | 2016-11-21 04:32 | ドール・ギャラリー

c0362010_255374.jpg
冬の妖精たちが、ゆうべ森のあちこちで
歌ったり踊ったりして残していった足跡は
落ち葉を白く縁取り、長い眠りについた
森をキルトのベッドカバーのように優しく
覆いつくしている。

c0362010_29011.jpg

鈍色(にびいろ)の雲のすき間から降りてきた
天の梯子・・・

ひっそりと新しい年が幕を開け、この小さな
町にも神聖な空気に満ちあふれ、我知らず
背筋をシャンと伸ばしたくなる。


「おはよう。新しい朝がやってきましたね。」

「やあ、おはよう。お日様は雲の後ろで、いったい
どんな年になるんだろうと様子をうかがっているようだ。」

今年新たに見る夢は、どんな色で、どんな形をしているんだろう・・・

どんな手触りで、どんな味がするんだろう?

それはきっと、思っているよりずっとステキなものに違いない。

どこに行きたい?  何がしたい?

さあ、窓を開けて、澄みきった空気を胸いっぱい吸い込んだら、
思いっきり大きな声をだして言ってみよう。

-----準備はいい?

「I want to ・・・」




c0362010_239365.jpg

[PR]
by tete_de_lapin | 2016-01-17 02:41 | ちいさな森の問わず語り・・・

11月29日 日曜日。

個展「イリスの森で~ドールアートと朗読の世界」が
無事終了しました。

この日のために、6年ぶりに創作し、完成させたドールは3体。

それぞれのドールには、タイトルをつけました。



001 『 イバラ姫 ~セクション1 』

c0362010_1615273.jpg


この作品のサブタイトル「セクション1」とは、私が通っていたゲリー・ボーネル・ジャパンの
本科の授業で、最初に取り組むテーマ「葛藤と向き合い、己を知る」ことを指しています。

c0362010_21314289.jpg葛藤で身動きが取れず、
がんじがらめになっている。

けれど自分を縛りつけている
のは、他ならぬ自分自身。

周りから遠ざかり、ひとり
身を潜めながら、誰よりも
孤独を感じている。

でも、本当は誰かとつながりたい。

夢や希望をつかみ取りたい。

その想いを、身体に巻きついたピンクの花が咲く緑色のイバラのツルが
外に向かってどんどん伸びていく様に重ねて表現しました。

c0362010_21432784.jpg




002 『 Blue Goddess 』

c0362010_22332427.jpg


今年の6月にセドナへ旅した時に、見えたイメージを形にしてみました。

青い羽根を持った、ネイティブアメリカンの女神のような女性。

その美しい圧倒的な存在を目にした時、涙があふれてきました。

その時受け取ったメッセージは、

「自分のハートの望むまま、光射す方へ進んでいきなさい」

というものでした。

今回の個展に向けて、何を作ったらいいのか迷っていたある日、ふと
その強い眼差しに射抜かれた時の鮮烈なイメージが浮かんできたのです。

作っている最中、私の手を通して、その女神のエネルギーが流れて
ドールのなかに注ぎ込まれていくような気がしました。

c0362010_094572.jpg不思議なのですが、ドールを作るたびに
なぜか私の意思とは関係なく、勝手に
完成予想像とは違った部分が出てくる
のですが、この女神も創っていくうちに
どんどん顔が変わっていきました。

顔を描き入れた時、最初に想定していた
より、年齢を重ねた大人の女性の表情に
なっていて、自分でも驚きました。

私が操作することなどできない領域で、
ドールたちは自ら生きているのです・・・。


c0362010_0504438.jpg




003 『 カッチーナ・ウーマン ~ Go Straight!』

c0362010_111912.jpg


セドナのボイントン・キャニオンを訪れた時に、降りてきたイメージを元に創りました。

カッチーナとは、ネイティブアメリカンの言葉で「精霊」を意味します。

c0362010_1541957.jpg真っ赤な髪をきりりと束ね、すっくと立った
その姿はとても力強く美しかった。

しなやかに、軽やかに、たくましく・・・。

「成功のためでもない。

お金のためでもない。

ただ、おまえ自身のためにやるのだ。

そのまま、まっすぐお行きなさい!」

どこまでも青く広がる空と、赤茶色の
雄大な山々から聞こえてきたのは、
そんなメッセージでした。



c0362010_2355052.jpg


この3体のドールは、これまでの作品とは明らかに違う何かを宿しているように思えます。

少し前の自分だったら、たぶんこんな表情のドールを創ることはできなかったでしょう。

この数年間、私はドール作りから離れ、自分という人間を知ろうともがいてきました。

葛藤だらけの自分には、人の胸を打つような人形は創れない。

ずっとそう思い込み、口ではまたドールを創れるようになりたいと言いながら、
自分にその許可を出せずにいました。

「でもね、葛藤があるからこそ、多くの人の共感を呼ぶような
素晴らしい名作が生まれるんだよ。」

悩んでいる私にそう言ってくれたのは、信頼している心の師匠?とでも呼ぶべき方でした。

c0362010_435752.jpg今の自分を、そのまま表現すればいい。

私のなかのコンパスの針が、
ひとつの方向を指しました。

これまでの自分に区切りをつけ、
ドール作家として新たな一歩を踏み出す。

それが今回の個展の目標でした。

葛藤と手を取り合い、上手につき合いながら
完成させた3人の女神たちは、私の背中を
押してくれました。

「もうだいじょうぶ」

目標を達成できた今、ここからが
私の本当のスタートになります・・・。
[PR]
by tete_de_lapin | 2015-12-19 09:46 | 個展・イベント