c0362010_8234375.jpg
形のない粘土の塊をちぎっては
捏ね、整形し、少しずつ
人の形になっていく・・・

久しぶりの手触り。

何度も手で触れるたびに
生命が吹き込まれていくような
不思議な感覚。


今はまだ色のないこの人形が、あさっての個展までにどんな作品に仕上がるのか、
自分でも楽しみにしながら創作の時間と向き合っています。

「イリスの森」

それは、文字通りの虹の森という意味ではありません。

いろいろな色、形、表情・・・これまで作ってきたさまざまな人形たち、
その一体一体には、その時々の私のカケラが詰まっています。

光と影を反射させ、刻々と形を変え映し出される万華鏡の景色のように、
「いまの私」が切り取られた作品をお見せすることができたらいいな・・・

そう思っています。

『イリスの森で~ドールアートと朗読の世界』


ドール作家Toshieのこれまでの作品たち、そして新しい作品の展示を
森で道草をする気分で楽しんでいってくださいませ♪

★日時: 2015年11月29日(日) 12:00~18:30

c0362010_8432429.jpg★朗読: ①13:00~②15:00~③17:00~


Toshieが物語にインスパイアされて作ったドール、
その元となった有名な絵本や児童文学や、アノ伝説の?
姉妹コラボユニット「The Moon Light Grove」から
ナオミが小さなお話を披露してくれます。

どんな物語がとびだすか、乞うご期待♪


★会場: 成城ホール4F 集会室A http://seijohall.jp/access.html

c0362010_8194487.gif

★入場無料

お時間がございましたら、どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいませ。。。

c0362010_9105828.jpg

[PR]
# by tete_de_lapin | 2015-11-27 09:27 | ウラ店主よりお知らせ

しばらくごぶさたしておりました。

「Tete de Lapin」のウラ?店主、ドール作家のToshieより、
お知らせがございます。

ずっと長いこと開店休業状態でいましたが、
このたび一日だけ個展を開催することとなりました!

本当は、もっと早くにご案内したかったのですが・・・。

ご報告がなかなかできなかったのには、理由がありました。

ずっと人形が作れずにいたわたしは、怖かったのです。

以前のわたしは「他の誰でもない特別な自分」になりたくて、
周りに認められるために、自分にとっても他人にとっても
「見栄えのいい人形」をつくっていました。

その後人形作りから遠ざかっていたこの数年間というもの、
自分の内側と向き合う作業をしていくなかで、余計なものを
少しずつそぎ落としていったら、気づいちゃったんです。

わたしは、そんなたいした人間じゃないってことに。

それなのに、以前よりもっとすごい作品をつくらなくちゃいけないと
思いつめて、実際にはできない自分を受け入れられず逃げていた。

だから、作れなかったんだって。

もしかしたら、以前より劣っているものしか作れないかもしれない。

でも、よくも悪くも、まぎれもなく「今のわたし」
そのものになると思います。

どんなものでもいい。 

作りたいから、作りたいものを作る。 

それで、いいんだ。

だって今回の個展は、誰のためでもない、
自分のための個展なんだから。

そう、これは「わたしはドール作家です」って、
胸を張って生きていくための第一歩。

わたしの決意表明なのです。

過去の作品の展示とともに、新しい作品を1点でもお披露目したい
と思っています。

こんな内容の個展を開くのは、後にも先にも今回限りでしょう。(^ ^;

ある意味、とても貴重な一日になると思います。

当日は、すてきなストーリーテラーでもある姉ナオミによる
朗読コーナーもちょこっとあります♪

もしよかったら、遊びにいらしてくださいませ☆



      ★イリスの森で~
      ドールアートと朗読の世界★
 
   



c0362010_5185215.jpg

                
          ドール作家Toshieのドールアートと
          Felicia Naomiの朗読が織りなすまほうの時間・・・


       
       ♪日時: 2015年11月29日(日) 12:00 ~18:30

       ♪朗読: ① 13:00~ ② 15:00~ ③17:00~

       ♪入場無料

       ♪会場:成城ホール 4F 集会室A

    

c0362010_5104761.gif


       お待ちしております。。。
[PR]
# by tete_de_lapin | 2015-11-08 06:04 | ウラ店主よりお知らせ

「Tete de Lapin」には、いろんな国から集められてきた品物が、
それぞれにとって居心地のよい場所に飾られています。

モノとの出逢いは、人の出逢いと同じ。

目にした瞬間、手に取った瞬間のトキメキを大切にしています。

そのなかから今日ご紹介するのは、こちら・・・。

c0362010_0162413.jpg


クルミ屋敷に住む姉妹、その妹ポンムが作るピーナッツドールです。

落花生の殻(正式にはサヤ)に、丸い耳とくりんとした手足。

なんともユニークなこのおにんぎょうは、手にした人を知らぬ間に
笑顔にしてしまう不思議なチカラを持っています。

聞くところによると、このおにんぎょうをご購入されたお客様の間で、
「ピーナッツドールは、満月の夜がくるとコッソリ動きだし、歌ったり
踊ったり、イタズラしたりする」
という都市伝説?のようなものが、
まことしやかにささやかれているらしい。 

一度そのうわさの真相を、生みの親であるポンムに訊いてみたのですが、

「そ、そうねぇ~ ; あ!それはきっとスリジェの書いた童話
『ピーナッツドールのひみつ』がおもしろかったから、みんな
本当のことだと信じちゃったんじゃないかしら??って思うわ。(^ ^; 」

と、アッサリ否定されてしまいました。

でも、あの時のポンムの慌てぶり、な~んか気になるんですよねぇ・・・。



「The Moon Light Grove ~月あかりの森~」への入り口はコチラです・・・⇒ CRICK!
[PR]
# by tete_de_lapin | 2015-03-21 01:36 | ひみつの小部屋から

ようこそ、お越しくださいました。

「ここではないどこか」にある、だれもがなつかしく思う町、
The Moon Light Grove ~月あかりの森~。

そのメインストリートにある小さな雑貨屋さんが、「Tete de Lapin」 です。

c0362010_07340.jpg
Tete de Lapin とは、フランス語で
「うさぎの耳」のこと。

でも、実はもうひとつ別の意味があります。

それは、三色すみれの名前。

上の部分の花びらが、まるでうさぎの
耳のように見えるからでしょうか??

いずれにしても、春の訪れを感じさせる
可愛らしい名前は、オーナーのお気に入り。



お店には、オーナー選りすぐりの雑貨や手作りの品々が所狭しと並べられています。

なかでも人気があるのは、クルミ屋敷に住むなかよし姉妹、スリジェの童話集と、
ポンムの作るピーナッツドールです。

そんなTete de Lapin にある 「ひみつの小部屋」・・・。

ここは忙しい日常の合間に、う~~んと思いっきり伸びをして、
まっさらな自分に立ち返ることのできる大切な空間・・・。

オーナーの「たからもの」が詰まったサンクチュアリであり、アトリエです。

よろしければ、またお立ち寄りくださいませ。

いつでもお待ちしております・・・。

c0362010_23524099.jpg



「The Moon Light Grove ~月あかりの森~」への入り口はコチラです・・・⇒ CRICK!
[PR]
# by tete_de_lapin | 2015-03-20 00:48 | Tete de Lapinのこと