眠りから醒めたイリスの森・2~☆3人の女神たち

11月29日 日曜日。

個展「イリスの森で~ドールアートと朗読の世界」が
無事終了しました。

この日のために、6年ぶりに創作し、完成させたドールは3体。

それぞれのドールには、タイトルをつけました。



001 『 イバラ姫 ~セクション1 』

c0362010_1615273.jpg


この作品のサブタイトル「セクション1」とは、私が通っていたゲリー・ボーネル・ジャパンの
本科の授業で、最初に取り組むテーマ「葛藤と向き合い、己を知る」ことを指しています。

c0362010_21314289.jpg葛藤で身動きが取れず、
がんじがらめになっている。

けれど自分を縛りつけている
のは、他ならぬ自分自身。

周りから遠ざかり、ひとり
身を潜めながら、誰よりも
孤独を感じている。

でも、本当は誰かとつながりたい。

夢や希望をつかみ取りたい。

その想いを、身体に巻きついたピンクの花が咲く緑色のイバラのツルが
外に向かってどんどん伸びていく様に重ねて表現しました。

c0362010_21432784.jpg




002 『 Blue Goddess 』

c0362010_22332427.jpg


今年の6月にセドナへ旅した時に、見えたイメージを形にしてみました。

青い羽根を持った、ネイティブアメリカンの女神のような女性。

その美しい圧倒的な存在を目にした時、涙があふれてきました。

その時受け取ったメッセージは、

「自分のハートの望むまま、光射す方へ進んでいきなさい」

というものでした。

今回の個展に向けて、何を作ったらいいのか迷っていたある日、ふと
その強い眼差しに射抜かれた時の鮮烈なイメージが浮かんできたのです。

作っている最中、私の手を通して、その女神のエネルギーが流れて
ドールのなかに注ぎ込まれていくような気がしました。

c0362010_094572.jpg不思議なのですが、ドールを作るたびに
なぜか私の意思とは関係なく、勝手に
完成予想像とは違った部分が出てくる
のですが、この女神も創っていくうちに
どんどん顔が変わっていきました。

顔を描き入れた時、最初に想定していた
より、年齢を重ねた大人の女性の表情に
なっていて、自分でも驚きました。

私が操作することなどできない領域で、
ドールたちは自ら生きているのです・・・。


c0362010_0504438.jpg




003 『 カッチーナ・ウーマン ~ Go Straight!』

c0362010_111912.jpg


セドナのボイントン・キャニオンを訪れた時に、降りてきたイメージを元に創りました。

カッチーナとは、ネイティブアメリカンの言葉で「精霊」を意味します。

c0362010_1541957.jpg真っ赤な髪をきりりと束ね、すっくと立った
その姿はとても力強く美しかった。

しなやかに、軽やかに、たくましく・・・。

「成功のためでもない。

お金のためでもない。

ただ、おまえ自身のためにやるのだ。

そのまま、まっすぐお行きなさい!」

どこまでも青く広がる空と、赤茶色の
雄大な山々から聞こえてきたのは、
そんなメッセージでした。



c0362010_2355052.jpg


この3体のドールは、これまでの作品とは明らかに違う何かを宿しているように思えます。

少し前の自分だったら、たぶんこんな表情のドールを創ることはできなかったでしょう。

この数年間、私はドール作りから離れ、自分という人間を知ろうともがいてきました。

葛藤だらけの自分には、人の胸を打つような人形は創れない。

ずっとそう思い込み、口ではまたドールを創れるようになりたいと言いながら、
自分にその許可を出せずにいました。

「でもね、葛藤があるからこそ、多くの人の共感を呼ぶような
素晴らしい名作が生まれるんだよ。」

悩んでいる私にそう言ってくれたのは、信頼している心の師匠?とでも呼ぶべき方でした。

c0362010_435752.jpg今の自分を、そのまま表現すればいい。

私のなかのコンパスの針が、
ひとつの方向を指しました。

これまでの自分に区切りをつけ、
ドール作家として新たな一歩を踏み出す。

それが今回の個展の目標でした。

葛藤と手を取り合い、上手につき合いながら
完成させた3人の女神たちは、私の背中を
押してくれました。

「もうだいじょうぶ」

目標を達成できた今、ここからが
私の本当のスタートになります・・・。
[PR]
by tete_de_lapin | 2015-12-19 09:46 | 個展・イベント